スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乙女高原の九輪草群生地
- 2014/09/14(Sun) -
2013年の1年間は、資格試験のために趣味は抑えていました。。。

1年間のカメラのデータを整理していてわかったのですが、
コンスタントに花の時期を狙って乙女高原には出かけていたようです


さかのぼりますが、2013年6月1日は
乙女高原で九輪草が咲いているのを発見した日でした
清里で初見の花でしたが、標高1700mの乙女高原にも咲いていたんだと感動したのを覚えています。




草原の脇すぐにある湿原、沢沿いに小さく群生していました。


クリンソウ2


クリンソウ3



サクラソウ科で最大の大きさとなる種。
山間地や湿原などの湿った場所に咲きます。
草丈も高いので、6月のまだ枯草の湿原ではとても目立ちます。
クリンソウ




何とも言えない緋色、美しいたたずまいです。

クリンソウ4





6月といっても乙女高原はまだ春なので、虫も少なく静かな渓流に、しっとりとした時間が流れていました。

クリンソウ5



この後、草原は7月にかけてレンゲツツジで真っ赤になります。
夏の幕開けといった感じですね。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 乙女高原の自然 | CM(0) | ▲ top
<<湯の沢峠のお花畑、大蔵高丸へ | メイン | 花と蝶にぎわう林道>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。