スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花の三つ峠
- 2012/09/17(Mon) -
昨日は、山梨百名山のひとつ三つ峠に登ってきました~富士山
登山は実に10か月ぶり…あせあせ
やっと登れる~と気づいたらもう花もクライマックスの時期あせあせ(飛び散る汗)

それならば、間違いなく花がいっぱいな山ということで、三つ峠を選びました。



登山口を入るとすぐにテンニンソウやカメバヒキオコシの群生が続きます。
フォト


カメバヒキオコシ白花
フォト






ハグマやタカオヒゴタイ
フォト


巴の形をしたトモエシオガマ
フォト







オヤマボクチもあちこちににょきにょき。

フォト



こちらはちょっと終わりかけ。
フォト







オヤマボクチの葉っぱは美味しいようで、
バクバク食べられて、模様みたいです。

フォト



こっちにも。
フォト







クサボタン。かわいい花です。
フォト


フォト



まるで髪をくるくる巻いた姿はモーツァルトみたい目
フォト





ゆっくりと花を見て、撮影しながら登るのですが、
ひたすら登りが続き、ブランクのせいかスタミナが続かない~がまん顔

雲が出てきて、富士山は望めませんでしたが、
甲府盆地や南アルプスはかろうじて。

フォト







三つ峠山頂に近づくと、フジアザミがど~ん

フォト


フォト






富士山周辺にのみ自生する日本固有種で、大きさもアザミの中で最大です。
いつ見ても見ごたえ抜群。

フォト


フォト







背丈が低く、花が大きいタカネマツムシソウもありました。

フォト




やはり山頂を下ったところにあるマツムシソウとはちょっと趣が違っていました。
フォト







ウメバチソウもきれいに群生。
フォト


フォト


フォト







二つ目のピークに着く前に、
トリカブトの群生地があせあせ(飛び散る汗)
なんだか美しいようなおそろしいような、ですね。


フォト


フォト



トリカブト属のツーショット
フォト






ウスユキソウ、ヤマハハコ,セキヤノアキチョウジと
山頂を下ってもまだまだ亜高山性の植物が見られます。本当に花が豊かな山と実感。
フォト


フォト


フォト




下りの登山道には、登りの途中に見たタチフウロ?とはまた様子の違うフウロが現れました。
フォト




花弁に濃い赤紫のスジがあります。
家に帰って調べてみたら、カイフウロでした。
フォト



カイフウロは、まさにここ三つ峠で発見されたことから甲斐風露と名付けられたそうです。
なんと絶滅危惧2類(VU)に指定されており、
山梨の他に群馬、長野にのみ生育が確認されているそう。

花が豊かな山だということが実感できます。



三つ峠は他にも絶滅危惧2類に指定されている貴重な高山植物も自生する、花の豊かな草原がある山です。
近年鹿の食害が深刻で、植物の減少ある種の植物が異常に増え生態系のバランスが崩れている、と山小屋の方が話しておられました。
今日も鹿柵設置の保護活動が行われていました。


登山者の増加や盗掘、鹿の急増など、
山の生態系も変化してきているのは、苦しい現状ですね。





山を保護することも考えていかねばならないんだ、と感じる、
久々の登山の一日でした。

フォト
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 山梨百名山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<秋の乙女高原と白い打ち上げ花火 | メイン | 仲秋の棚田と花たち>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hikoushin.blog.fc2.com/tb.php/8-2fb4499d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。