スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
藤の花を使った春料理
- 2015/05/06(Wed) -
3か月ぶりにやってきました、勝沼朝市

そこで、今回は摘み草のお店に立ち寄りました。
ご自分の体験農園で栽培されている野草を天日干しした、入浴剤や野草茶を朝市に出されています。

摘み草のお店@勝沼朝市


野草の入浴剤


どくだみ、笹の葉、みかんの皮、桃の花などなどをセルフサービスで詰めました。
これを煮出したものを、3回ぐらいに分けて浴槽に入れるとのこと。楽しみです


そのお店で、珍しいものを発見


藤の花before

藤の花です。


藤はこの時期、どこにでも咲いていますが、これを食するために売っていました。
生でサラダに添えたり、酢の物、おしたしなどにできるとのこと。
どんなあじなんだろう
この時期にしか味わえない(味わったことはないですが)春の味覚ですよね

さっそく、自宅に帰り、お昼も近かったので料理してみました



まずは藤の花の酢の物。
酢をたらした熱湯に藤の花を入れ、さっとゆで甘酢であえます。
色は少し落ちますが、藤の花の風合いは残っています。


酢ものもとしては、しゃっきりとした歯ごたえでさっぱり美味しくいただけます。
藤の花の酢の物


ついでに、菜の花も購入したので、ホタルイカの辛子酢味噌和えにしました。
菜の花とホタルイカのからし酢味噌和え


続いて、藤の花の天ぷら。
藤の花の天婦羅

この時期河原の岸に咲き誇っている外来種のニセアカシアの天ぷらは大好きで、実家にいるときよく家族で採取して作りましたが、それにかなり近いですね。
やはり花の色は落ちますし、綺麗に揚げるのは難しいですが、
なかなか珍しい天ぷらとなりました。

味付けは何もしませんでしたが、花にはほんのり酸味があります。


朝市で入手した甲州ワインとともに(私は授乳中なので飲めません

甲州ワインとともに
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。