スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヒトリシズカ・・・
- 2011/04/30(Sat) -
授業のあと、一か月ぶりに乙女高原へ、
春の花を探しにいってきました。


山の麓はまだまだスミレが咲き誇っていました。
フォト

フォト

フォト

フォト



こちらはハシリドコロ。なかなかシック。
フォト

フォト



林道脇の新緑の芽吹きは本当にうつくしい。
フォト


山を彩る何色もの萌木色の正体は、
このような若葉のなせるわざ。
フォト

フォト

フォト

フォト



そして、乙女高原は・・・
真っ先に咲くはずのキジムシロもフデリンドウもなく
春はまだ来ていないようです。
フォト



こちらは谷地坊主。
ゲゲゲの鬼太郎みたい。
フォト




やはり今年は例年より花は遅いのか・・・





乙女高原に向かうもう一つの林道が一年の改造工事を経て開通しました。

ここにはきれいな渓流沿いであり、
植生も豊かなのです。
フォト





渓流脇を注意して走行していると、


薄暗い林床に、ひっそりたたずむ
可憐な花を見つけました。


フォト




その名も“ヒトリシズカ”

すごく繊細な趣き。

フォト

フォト




恥かしがっているのかな?
フォト




舞の名手、静御前をイメージして付けられたそう。


なんて美しい響きの、風流な名前を付けるんでしょう。
ここにも日本人の美意識が現れているんだなぁ。





そして、さらに渓流沿いを散策していると、




フォト

これは、ハナネコノメexclamation & question



フォト

よ~く見れば見るほど繊細な造作です。



フォト

こちらはコガネネコノメでしょうか。




春の花は、ほんとうにやさしいたたずまいの繊細なものが多い。

山の中に、誰にも気づかれず、ひっそりと咲く。

そんなけなげだけれどマイペースな姿って

なんか惹かれます。

高貴だなぁって思います。





スポンサーサイト
この記事のURL | 野生植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
B/A
- 2011/04/22(Fri) -
カタクリの群生が見たくて、

夕方に、森に繰り出した。

3月に雪の降りしきる朝、ザゼンソウを見た場所。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1685058149&owner_id=30241194




Before
フォト




After
フォト






ザゼンソウはどう成長したでしょう???

ばばーん!!

フォト




巨大な小松菜か野沢菜のようだ・・・


原型はとどめているが、すごい成長変化ぶり。
フォト




フォト



フォト






カタクリを探すけれど、見つからない。
あったのはイチリンソウの葉と
開き始めたスミレ。(何のスミレか教えてください)
フォト



フォト




ここらは標高も高くまだ桜が咲き誇っていたし、
異常気象で例年より花たちの開花は遅いようで。


(春の花の開花スピードについてゆけない
最近の私には、ちょうど良い・・・)

フォト
この記事のURL | 野生植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花紀行
- 2011/04/04(Mon) -
**********************************



見知らぬ町を ひとり歩いたら

風は空から 花びら散らす

フォト



フォト








過ぎ行く春の 投げる口づけは

髪に両手に はらはら停まる






この場所で嵐見送れば

時の流れに埋ずもれてしまう


フォト


フォト








薄紅が なんて優しいの

拾い集める人もいないのに


フォト



フォト








見知らぬを ひとり歩いたら

風は空から 花びら散らす

フォト







髪に両手に はらはら停まる


フォト







『花紀行』

荒井由実


**********************************



撮影

山梨県 身延山久遠寺

この記事のURL | 野生植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。